歳をとると現れる目の症状|白内障や緑内障の治療は眼科で|目がおかしいと感じたらすぐ病院へ

白内障や緑内障の治療は眼科で|目がおかしいと感じたらすぐ病院へ

女の人達

歳をとると現れる目の症状

患者と医師

万一に備えて診察を

目の病気の一つに飛蚊症もありますが、これは黒い粒やひも状の物が視野の中に現れる症状です。歳をとるにつれて生理的に発生するケースが多いため、その場合なら特に問題ありません。しかし、ごく稀に網膜剥離をはじめとした重大な病気のサインとなる場合もあるため、飛蚊症だと気が付いた時は、早めに眼科医で診察してもらうことが推奨されています。万一重篤な病気が隠れていた場合でも、早期に治療を開始できれば治し方にも選択肢がありますから、その意味でも早い段階での受診が肝心です。ただし飛蚊症は通常では見えにくい場合もあるので、比較的見えやすい白い壁や白紙のノートなどを利用して、飛蚊症になっていないか定期的に確認しましょう。

薦められるには訳がある

特に重篤な疾患とは無縁の飛蚊症なら、眼科医で診察を受けましても、治療は行われないことが一般的です。しかし、栄養指導などをしてもらえることも多いですから、日頃の食事に気を付けて、体の内部からケアしていくことも大切です。目の水晶体は歳をとることで柔軟性が低下しますが、これはルテインなど、目の構成成分の減少にも関わる部分となります。このため飛蚊症をはじめ、目をケアする栄養成分として、医師からもルテインの摂取を提案される場合が多々あります。自然食材ではブロッコリーなどがルテインを豊富に含みますが、毎日コンスタントに摂るなら、サプリメントも魅力的です。ルテインは活性酸素の除去に役立つ抗酸化作用も持ちますから、目のダメージを抑えたり、ダメージを受けた目の修復にも活躍する成分として推奨されています。